会則  使用に関して  使用状況  申し込み  アクセス  連絡・報告  リンク 
陀羅佛小屋
■陀羅佛小屋の経緯
 昭和61年、元文部省登山研修所所長柳澤昭夫氏と山本一夫氏ら同研修所講師5名が発起出資者となり、白馬村近く木崎湖付近の国道から林道を800m入った落葉樹林の中に、20余人が宿泊できる電気の通う 『陀羅佛小屋』を建てた。
 しかし近い将来、利用しなくなり管理できなくなるであろうと判断、小屋が良好な間に縁ある人に譲渡したいと日本山岳会京都支部に依頼があり、平成19年に日本山岳会京都支部員を中心とする会員で組織される『京都陀羅佛会』が運営を引き継ぐことになった。


■陀羅佛小屋の利用
 小屋は白馬村と大町市の境界付近にあり、山行やスキーの基地・バードウォッチング・山のスケッチ・渓流釣・山菜きのこ採り・家族との森林浴・信州探索など四季を通じて利用出来ます。

■白馬村の天気-(日本気象協会提供)-
G o o g l e  検索

             WWW を検索      サイト内を検索

Last updated 2016.11.26  
Copyright (C) KYOUTO DARABUTU Club All rights reserved.